FC2ブログ

Entries

雪の稜線を楽しむ~八ヶ岳の主峰・赤岳


1月7日・七草粥。
朝? 夜?
食べるものですよね?


今日で1週間。少し、陽が長くなりましたね。
年末年始休暇の最終末・4日から5日、八ヶ岳の赤岳に初登りに。

12・主峰赤岳・縮小

今年は雪が少ないとはいえ、八ヶ岳は雪の中。

5・3時間で赤岳鉱泉に・縮小

登山口からおよそ3時間で人気の山小屋・赤岳鉱泉に到着。

6・鉱泉名物アイスキャンディ・縮小

赤岳鉱泉名物のアイスクライミングウォール・アイスキャンディーがどどーんと。

7・名物ステーキ・縮小

夕食は、これまた人気の源・ステーキです!

8・お正月プレゼント・縮小

お正月スペシャルでお刺身もいただきました。

翌日は強風予想。不安な気持ちで20時に就寝。夜中、ゴーゴーと風が。
翌朝はキーンと冷え込みました。

朝食を食べて7時15分に出発。気温マイナス14℃。

9・赤岳から硫黄岳への稜線が見える・縮小

途中、今日登る赤岳から横岳・硫黄岳の稜線が。

でも、なんだか調子が良くない。…熱っぽいし、だるい。
睡眠不足で、たいした斜度でもないのに、やたら、苦しい。

10・およそ40分で行者小屋前・縮小

45分ほどで行者小屋の分岐。

11・阿弥陀岳・縮小

ここまでくれば、目の前には阿弥陀岳、赤岳、横岳の圧巻の姿。

ただし、強風。…うーん、どうしよう。ツアーで私の他に二人のゲスト。私が遅れたら、きっと、この条件では稜線を歩くのは無理になるかも。
…苦しいしな。…ってことで、わたしはここで中止して、ガイドさんとお2人を見送って、赤岳鉱泉に引き返しました。
ゆっくり、一人で歩く森の中の道もいいものです。

14・赤岳鉱泉の氷柱・縮小

鉱泉に戻ると、多くの人がアイスクライミングを楽しんでました。

16・アイスクライミング・縮小

小屋の方に事情を話すと、食堂のストーブのそばに椅子を用意して下さって、そこで4時間ほど無事な下山を祈りながら待ってました。

まるでNHKの72時間を見てるみたいに、いろんな人が入れ代わり立ち代わり、満足な笑顔で戻っては食事をして、出発していく様子を見ているのも楽しい珍しい時間でした。




           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


関連記事

コメント

[C38091] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ