Entries

双六小屋から西鎌尾根を登って槍ヶ岳へ


予報通りの雨。
空気がしっとり。
が少し近くまで。


この夏一番のお楽しみだった槍ヶ岳西鎌尾根縦走(前半戦はこちらをご覧ください)。

3・快晴の槍ヶ岳・縮小

あいにくの雨予報でのスタートでしたが、このコースの魅力は、何と言っても槍ヶ岳がドンドン近づいてくる大展望の稜線歩き。雨なら、中止もありか…と、一瞬考えましたが、行ってみないとわからないのが山。

新穂高温泉からわさび平小屋で1泊して、鏡平から双六岳に登り、双六小屋で2晩目の夜を過ごし、3日目・いよいよ槍ヶ岳へアタックです。

予報は正午には、天候回復。よし! 行ける!
朝食を食べて6時出発。

1・まずは霞沢岳・縮小

まずは標高差200メートルの樅沢岳・2755メートルまで登り切らなければなりません。
つづら折れの登山道を30分、登り切って樅沢岳山頂へ。
さあ、ここからは、やっとの稜線歩きです。

3・硫黄乗越・縮小

硫黄乗越を越えるあたりでは、茶色の硫黄尾根が見え、硫黄のにおいがたちこめ、山が生きていることを実感。

4・クマの糞・縮小

西鎌尾根に入ってすぐに、ホカホカの熊のお土産に遭遇。
ちょっとドキドキ。もちろん、一人ではないし、ワイワイと楽しいメンバーで登っているので、会うことはないはず…と、願いつつ進みます。

ガスと太陽光のせめぎ合い、これならブロッケンも見られるかも!

6・突然ガスが消えて・縮小

なんて話しながら登っていると、はい!濃い霧にブロッケンが。写真ではうまくとらえられなかったのですが、やっぱり、感動するのがブロッケン。
そして、目を上げれば、今まで雲海に沈んでいた山々が、あっという間に姿を現すではありませんか!

9・笠ヶ岳も・縮小

えっ!こんなに素敵な風景の中に自分がいて、今、ここにいる、私だけが見ることのできる山々がここにある。
天候回復途中の山は、同じ姿を長い時間、見せてはくれません。
あっという間に、ガスに覆われてしまいます。だから、見逃したくない。足元だけを見て登っていては、出会えない瞬間。

7・北鎌尾根もはっきり・縮小

天候が回復し出すと、槍ヶ岳北尾根の難所もはっきりを姿を見せてくれます。

8・鏡平小屋も見え始め・縮小

鏡平山荘も、この後ずーっとランドマークとして、姿を見せ続けてくれました。

14・西鎌尾根・縮小

西鎌尾根をゆっくり進んで、振り向けば自分が歩いてきた道が後ろに。

17・歩いた稜線と硫黄岳・縮小

15・浮かぶ槍ヶ岳・縮小

前を向けば、これから行く道がクッキリ。これこそが縦走の喜びです。

21・見下ろす殺生ヒュッテとヒュッテ大槍・縮小

槍ヶ岳山荘に到着した時には、穂先はガスガスだったのでしばし休憩。眼下には、殺生ヒュッテと今夜のお宿ヒュッテ大槍が見えます。

23・穂先へ向けて・縮小

岩場が苦手なメンバーはロープで確保してもらって、穂先へチャレンジ。

26・最後のはしご

無事に登頂した後は、おまけの東鎌尾根を下ってヒュッテ大槍へ。

DSCN0118.jpg

とても気持ちのいい山小屋です。

DSCN0123.jpg

お料理も美味しく、無事の下山を祝いためのグラスワインサービスも最高。

DSCN0122.jpg

パスタが美味しくて、1キロくらい太りました(笑)。

登頂祝いしつつ、天気予報を見ていると、17時発表の予報は快晴!
雨の中の下山と諦めていた私たちに、なんと素晴らしいご褒美!

でも、この時には満天星が見られるとは思わず、19時30分には就寝(笑)。
夜中に起きた友人は、素晴らしいミルキーウェイに出会ったそうです。

1a北鎌尾根と槍ヶ岳・縮小

3日目の朝は、雲一つない空。

1d朝焼けの槍ヶ岳・縮小

日の出とともに、明るさを増す槍ヶ岳。

1f見事な滝雲・縮小

東鎌尾根を流れ落ちていく滝雲。

1h劔岳の向こうに白馬岳・縮小

どれもこれも素晴らし過ぎて、時間を忘れて空気に溶け込みました。

1・東鎌尾根から見上げる槍様・縮小

高山の朝を堪能した後は、朝食をいただき、下山です。
いったん東鎌尾根を一時間ほど登り、穂先の根本へ。

4・西鎌尾根を見下ろす・縮小

昨日歩いた西鎌尾根が見渡せます。

6・東鎌尾根・縮小

東鎌尾根を登ってくる人も見えます。

11・千丈分岐・縮小

2日かけて登った山を1日で下るのですから、かなり、厳しい下りです。
でも、乾燥した空気が心地よく、飛騨沢のお花畑だったろう緑あふれる谷をゆっくり下るのは気持ちいい。

13・滝谷・縮小

難所の滝谷を見上げて。

15・白出沢・縮小

白出沢まで下って、まだ林道を一時間半。これは、ちょっと疲れました。

おろしなめこそば
とろつけざる

下山後は、お風呂に入って、美味しいおそば。

明郷

道沿いの明郷で、おそばを楽しみ、帰路につきました。

ご一緒して下さった皆様、楽なペースで導いて下さったガイドさま、4日間、本当にありがとうございました。




           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


関連記事

コメント

[C36491] おはようございます!

山の写真、本当に不思議ですね。秒単位で景色が変わるんですね。だから・・・何回でも同じ山に
登山される方がおられるんですよね。
熊の落とし物・・・笑いごとではない!^^
  • 2017-09-06 09:43
  • akane
  • URL
  • 編集

[C36492] こんにちは(^^)

これは素晴らしい景色ばかり、大成功の登頂でしたね(^^)v
尾根筋もこれだけ綺麗に見えれば今年の夏では最高の時期だったと思います(^^♪
ポチ×3完了です。
  • 2017-09-06 21:30
  • アキオロミゾー
  • URL
  • 編集

[C36496]

素晴らしい景色、これが見られるのなら山に登りたくなる気持ちがわかります。
天候にも恵まれてよかったですね。
  • 2017-09-08 20:49
  • あんこ1961
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ