Entries

滋賀のお山でプチアドベンチャー


新年が明けて、今日は節分。
1ヶ月経って、目標設定はどうですか。
明日から、仕切り直しできますよ。


2月1日、琵琶湖の北側の比良山地にある堂満岳へ。
堂満ルンゼと呼ばれるところの中央陵の雪の付いた岩稜帯を、アイゼンで登るトレーニングです。

1・登山口

登山口では、とってもいいお天気。暑くなるかも…と思うくらい。
そこに、たっぷりの雪に動けなくなった車が…。ガイドさんがスコップを貸してあげて、私たちはスタート。
下山してみると、スコップと一緒に御礼が! 律儀な方でした。

緩やかに登る道を進み、堰堤で装備を整えます。
ヘルメット、ハーネス、アイゼン、ピッケルなどなど。

2・中央陵取り付き

しばらく急登をすると、中央陵の取り付きに。この日は、平日なので、貸切でした!
(岩を登らない人は、右側のルンゼを辿って山頂へ行きます)

3・2ピッチ目から振り返る

ロープで確保してもらいながら、アイゼンの前爪とピッケルを使って岩を登って行きます。
振り向けば、おおー、かなりの急坂。
確保してもらっているので恐怖感はないけど、ロープを繋いでもらってなければ絶対に恐ろしい場所(笑)。

4・岩と雪のミックス

2ピッチ目は岩々。雪がなく、アイゼンを履いていなければ、そんなに難しいとは思わないけど、アイゼンの爪を使うことに集中。

5・3ピッチ目のチムニー

3ピッチ目はチムニー。岩の間を登ります。

6・結構な斜度

振り向けば、はい、やっぱりすごい斜度で下の方が見えてます(笑)。
楽しいんですね、こういうプチアドベンチャー。山道を延々と登って山頂に立つのは至福の喜びだけど、山頂に行くというよりは、登ることそのものを楽しむのもいいなって思います。

山頂でロープワークの練習をして、ロワーダウンで下ります。
そこまでは楽しいだけでワクワク。
その先のルンゼを下るとき、誰も歩いていない深い雪に足を取られ、時にはズボーっと片足が全部雪の中。
かなり埋まりながら何とかかんとか下る。これが大変。最後はお尻で降りました(笑)。

楽しい1日。Мガイドさま、ありがとうございました。



           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


関連記事

コメント

[C35939] お早うございます。

わぁ~~怖いですね。私にはプチアドベンチャーには見えません。やはり・・・訓練、練習なんですね。
  • 2017-02-03 09:32
  • akane
  • URL
  • 編集

[C35940] こんにちは(^^)

結構厳しいところですね(^^)v
最近は実力も上がってすいすいですね(^^♪
ポチ×3完了です。
  • 2017-02-03 23:50
  • アキオロミゾー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ