Entries

台高山脈の槍ヶ岳・白鬚岳~とってもしぶい山

ゴールデンウイーク中、唯一休みを取って登ったのが白鬚岳
広大な紀伊半島を支える台高山脈の支陵ながら、台高山脈の槍ヶ岳の異名を持つ秀峰。うつくしく鋭い三角形が印象的。まさに槍ヶ岳です。

1・降り注ぐ光の中林道を40分・縮小
2・青空に山々がせまる・縮小

中奥という部落から、登山口を目指し林道を40分。

3・崩れた部分も多い・縮小


途中、崖崩れしている部分もある道ですが、ほぼ水平道。

5・いったん下って道の悪い登山道へ・縮小

登山口に着くと、いったん川へ下って、稜線まで荒れた細い登山道を登って行きます。

6・一つ目のピーク高尾1193メートル・縮小

およそ40分で一つ目のピーク・高尾1193メートルに到着。ここまでくれば、とりあえず一息。

7・2つ目のピーク1286から高尾を見る・縮小

水分補給をしたら、本日のメイン・白鬚岳を目指し、あと1時間頑張りましょう。
第2のピーク1286メートルからは、先ほど後にした高尾が見えます。

14・山頂・縮小

そしていよいよ白鬚岳山頂到着。この日は山頂貸切。

8・白鬚岳1378メートルから大峰の山々・縮小

温かな空気と、吹き上げてくる冷たい空気が不思議な感覚を呼び覚ます山頂。

9・アカヤシオが満開・縮小

ちょうどアカヤシオが満開。

10・アカヤシオアップ・縮小

ぽってりとした丸っこい可愛い花です。

12・今日の弁当・縮小

山頂でお弁当タイム。

14・次のピーク小白髭1282・縮小

ここでホッと出来ないのが、この山の魅力。目の前にある小白髭岳は、すぐさこのようなのですが、ここがこのコースのハイライト。
激下り激登りを4度繰り返して、小白鬚に到着出来ます。

15・激下り&激登り・縮小

登りはここまで。
でも、ここからまだまだ激下りが待っています。なんたって、とっても美しい三角錐の山。
予想以上に下りは斜度があります。

18・植林帯の激下り・縮小

でも、ゆっくりと確実に下って行きます。しばらくは植林帯の激下り

19・木の根の浮いた激下り・縮小

そのあとは、木の根の浮いた道の激下り

20・土石流跡を越え・縮小

土石流跡など、とにかく気を抜くことが一切許されない、かなりしぶい道が続きました。

21・東谷出会いに到着・縮小

それでも、なんとか無事に東谷出会いに到着。今回も厳しいけど。充実感満載の山行でした。



           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

[C35312] こんにちは(^^)

こんにちは(^^)
結構難しそうな山ですね(^^♪
有名な山だと登山道も整備されていますが、こういう山のほうが制覇した時には気分が違うでしょうね(^^)v
お疲れ様でした(^^♪
ポチ×3完了です。
  • 2016-05-14 21:36
  • アキオロミゾー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ