Entries

難所・大雲取り越え~熊野古道中辺路


雨で午後の仕事がキャンセルに。
かなりひどい雨風でした。
被害が出ませんように。


一昨年9月の紀伊半島豪雨で甚大な被害を受けた和歌山県。

特に、熊野川の氾濫で、熊野古道のコアである熊野那智大社の那智の滝が被災。
とてもショックなニュースでした。

ちょうどこの時期から歩き始めた熊野古道中辺路、なぜかなかなか那智大社に行くことができませんでした。

そして、満を持して足かけ3年、月曜日から1泊2日で熊野那智大社と、中辺路一番の難所である大雲取り越えにチャレンジ。おりしもの悪天候。つるつるに滑る石畳み道を、どうにかこうにか難行苦行。無事に戻ってきました。

1日目は、熊野三所大神社からスタート。お隣には、補陀落渡海で有名な補陀落山寺が隣接しています。

ここから7キロ高低差280メートル4時間のウォーキング。

熊野古道の中でも、保存状態と道幅の広さをしっかり保っていて、写真にもよく使われている大門坂から世界遺産・那智の滝を目指します。

大門坂は、昔の優れた石積み技術のおかげで、どんな豪雨にも地震でも道が崩れるということはありません。

  両サイドの原木が残る大門坂縮小

ただ、一枚岩を使っている部分は、雨の日は滑りやすくて歩きづらい。足元に細心の注意を払って進みました。

世界遺産・熊野那智大社の手前も見上げる階段。
でも、こちらは、コンクリート造りなので、楽に登れます。

  熊野那智大社縮小

登り切ったら延命の水をいただきましょう。那智の滝の滝つぼのありがたいお水ですから。

  延命の水縮小

お隣には、これも世界遺産の青岸渡寺

  神社とお寺が隣り合わせ縮小

朱塗りの神社とお寺が並ぶ姿は、このあたりではよく見かけます。

雨のおかげで水量十分の那智の滝

  三重塔と那智の滝縮小

落差133メートルはさすがの美しさです。

でも、滝つぼの岩が豪雨で流され、川そのものが、多くの岩で埋め尽くされて消滅しまった2年前。

  至る所で河川の改修工事

現在も懸命の復旧が行われています。

  那智の滝・重機で修復中縮小

滝つぼに重機が入って、作業が行われています。こんなご神体の滝の姿、もう2度と見られないし、見たくないですね。

泊まりは、ホテル浦島

  ホテル浦島の朝縮小

海に面した洞窟風呂が有名な大型ホテル。

  ホテル浦島の部屋縮小

夕食はバイキングで、マグロの解体ショーが人気です。

  マグロ尽くしの夕食縮小

私は、マグロ尽くしにしてみました。刺身・ステーキ・ミンチカツ・兜焼き・マグロ鍋など。他にもいっぱい食べるものはあるけど、ダイエット中だし、食べ過ぎ注意です。

お昼はいつものお弁当。熊野牛の焼肉うめどりのから揚げなどなど。

  ちかつゆの弁当

さあ、翌日に備えて、早めの就寝! なんといっても、大雲取り越えですから。




              にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ


    ランキングに参加中です!
    ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

[C31629]

雨模様の中、行かれたんですね。
でも、那智の滝と朱色の塔との対比は相変わらず見事です。
一日も早い完全復旧が待たれますね。

ツアーのホテルが浦島とは、いいですね。
  • 2013-09-04 20:44
  • あんこ1961
  • URL
  • 編集

[C31630]

パワーが感じられる杉林ですね。雨で濡れてそこが又いい感じです
滝壺の前の神社は新しく建てられた物なんですね
  • 2013-09-04 22:11
  • きゃりあおばさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ