Latest Entries

マグロの漬け丼~大好物


秋梅雨っていや!
秋は爽やかであってほしい。
雨ばっかりにはうんざり。


買い物と生物の関係って結構ありますよね。お刺身食べたいと思っても、その日に買わないと食べられない。

DSCN0690.jpg

大好きなマグロの漬け丼なら、一日の猶予はあるけど、なかなか自宅では食べられない。

DSCN0689.jpg

玄米の上にのせたたっぷりの漬け。
思いっきり食べて、とっても満足な朝でした。


           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


日清ラ王塩ラーメン


冷たい雨。
寒い。
羽根布団出しました。


寒いし、うーん、どうしよう! ラーメンでいっか!
ということで日清ラ王塩ラーメンです。

DSCN0658.jpg

なかなか美味しい!
レッドオニオンの塩揉みにラー油をプラス。

DSCN0657.jpg

見た目も上品(インスタント麺にしては(笑))に仕上がりました。




           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


もっちもち水餃子


今夜から3日間です。
10月のポプリナイト開店。
今月は丹波産マツタケです!


ホントにすっかり寒くなって、長そでシャツのベスト、上着といういでたちで歩いてます。
寒くなったら、やっぱり温かい汁物が朝食にあるとうれしいですよね。

DSCN0685.jpg

ということで今朝は水餃子にしました。
鶏ガラスープに玉ねぎと茄子の薄切りを入れて、隠し味はなめたけの醤油煮
味がぐっと深まりますよ。

DSCN0684.jpg

豆苗の豚バラ巻きサラダおにぎりのワンプレート朝食にしました。





           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


海老チリと茄子の中華風


上着なしでは辛い。
長袖の季節。
衣替えが間に合わない(笑)。


普段着がどんどん質素になっていく。…というか、30年前に着ていたものとか、平気で着ているこの頃(笑)。
お洒落とは、程遠くなっていく。女子力が…。
山用具は、どんどん新しくなってるんですけどね(爆)。

ここんとこ、ちょっと食事が復帰してきました。

DSCN0661.jpg

今朝は、エビチリ茄子とピーマンの中華炒め

DSCN0663.jpg

エビチリは、玉ねぎと白ネギで増量。中華名菜のお世話になりました。

DSCN0664.jpg

茄子とピーマンの中華炒めは、オイスターソースにケチャップ。ラー油とちょっとだけ砂糖で仕上げました。

DSCN0662.jpg

れんこんのデリサラダはすっかり定番。れんこんのシャキシャキがお気に入りです。

じゃがいもとわかめと薄揚げの味噌汁を加えて、朝食の完成でーす。





           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


あの吊尾根を縦走!


もう10月も半分。
秋は心寂しいね。
風が冷たいね。


日本有数観光地・上高地に行かれた方も多いでしょうね。
上高地のシンボルといえば、河童橋
河童橋の向こうに見えている雄大な穂高連峰。
中央の奥穂高岳から右手の前穂高岳に繋がる美しいスカイライン。日本の山岳リゾートを代表する風景です。

吊尾根・縮小

そうです、今回、このスカイライン=吊尾根を縦走しました!
河童橋から見ているとなだらかで優しく見える道ですが、実はかなり急な岩場の連続です。

体育の日の3連休明けの10月11日。
穂高岳山荘の窓から差し込む、まさかの朝焼けで目覚めました。

15・薄桃色に染まる前穂高北尾根・縮小

快晴の予報だった前日、気温が高いせいかガスで真っ白の稜線。今日も同じような天気と諦めていただけに、大興奮。
優しいピンクの光に包まれる北尾根。

16・日の出に涙ぐむ・縮小

やがて、小さな強い光の点が、どんどん膨らみ、赤い太陽となって姿を現す日の出。
なぜか泣けます。感動。生きていることは素敵なことだと、何の疑問もなく感謝できる瞬間。

さあ、今日はいい日だ! と、朝食をいただいて、出発です。
まずは、奥穂高岳山頂を目指し、鉄階段をのぼり、急な岩斜面を登ります。
強風で体が持って行かれそう。踏ん張りつつ、呼吸に注意して、頑張りました。

3・涸沢岳が見える・縮小

登るにつれ、前日登った涸沢岳

5・笠ヶ岳・縮小

笠ヶ岳が姿を現します。

でも、最低のコル辺りから、まるで火事の煙が噴き出すようにガスが湧き、北穂高の山頂がなかなか姿を見せません。
そして、とうとう、槍ヶ岳も見えませんでした。
でも、それ以外の山々は素晴らしい澄み切った空に毅然とした美しさを見せてくれます。

6・ジャンダルム遠景・縮小

ジャンダルム

7・奥穂高岳山頂・縮小

穂高岳の頂上

見えているって素敵。近づくと見えなくなって、また、見えて…と、どんどん変わっていく風景。
およそ1時間で山頂へ。

奥穂高山頂2縮小

まあ、とにかく強風。写真を撮ってもらって、すぐに裏側に移動。ちょっと風がまし。

9・東陵取り付きから北穂まで見える・縮小

やっと北穂も姿を現し、前日登った東陵も見えました。こうやって見ると、割と近い距離だけど、道は険しい。

12・ジャンダルムに立つ人・縮小

ジャンダルムにも人が。まだ早い時間だから、奥穂から行ったのかな。

13・自分の陰・縮小

山肌に映る自分の影もくっきり。本当にいいお天気。

14・前穂に続く吊尾根・縮小

さて、ここから吊尾根の縦走のスタートです。目指すは、まず、前穂高岳の君子平。

16・眼下の岳沢・縮小

眼下に岳沢。
いつもは上高地から見上げている場所を、自分の足で歩いているって、すごい(笑)!
風が強いので、注意して1時間半ほど進み、君子平へ。

17・君子平・縮小

前穂高岳は1時間ほどで往復できるけど、北尾根から登った方が絶対に感動する! ってことで、今回はお預け(笑)。

18・吊尾根・縮小

ここで、吊尾根に別れを告げます。

19重太郎新道・縮小

重太郎新道へと入ると、いきなりツルツルの岩場に長い鎖。雨の日は絶対に下りたくない!道。
鉄階段もあります。

21・岳沢の紅葉・縮小

岩だらけの急な道が、やがてハイマツ帯になり、ダケカンバの道になると、岳沢小屋はもうすぐ。

23・黄色に赤がアクセント・縮小

黄色の多い岳沢の紅葉も、盛りは過ぎているけど美しい。

22・穂高岳南陵・縮小

振り向けば穂高岳南鐐
クラッシックルートがみえます。いつか登れるかな。

24・風穴・縮小

上高地まで、まだ、2時間。途中、風穴で休憩。

25・岳沢ド山口・縮小

岳沢湿原まで下りて、無事に今回のミッション終了。
ガイド様、まるまる前泊含めて4日間、本当にありがとうございました。

心がとっても満たされてます。
登れてよかった。いいお天気でよかった。無事に下山できてよかった。たのしかったー!





           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


紅葉の涸沢から北穂高岳東陵を越えて


秋雨前線。
なかなか思うような空にならない。
自分が変わろう。


体育の日3連休。お天気に恵まれ、観光地はどこも大混雑。上高地の河童橋は、人で埋まっていました。

4・雲一つない河童橋は大混雑・縮小

この秋一番のお天気。

2・涸沢のテン場・縮小

日本一の紅葉・涸沢カールのテント場も前夜までは大混雑。

3・涸沢のテン場夜・縮小

星空は見えなかったけど、地上の星空も素敵です。

1・ゴジラの背・縮小

今回の目的は、このカールから見上げる北穂高岳の東陵通称・ゴジラの背を登ること。
そして、上高地から見えている吊尾根を縦走すること。今の私には、ちょっとレベル上の企画。

3連休中日8日の夜に高山に前泊して、9日月曜日の朝、上高地へ。

5・明神岳最南峰の紅葉・縮小

上高地から明神、徳澤、横尾といつもの道をたどります。雲一つない青空に紅葉し始めた木々が美しい。
横尾で昼食を取って、のんびりと涸沢に向けて登って行きます。
連休の最終日ということで、本当にたくさんの方々が下山してきます。
途切れることなくすれ違う人、人、…。

12・名残の紅葉・縮小

涸沢に入ると、ナナカマドの赤が加わり、彩りを増す風景。

18・意外に混雑・縮小

涸沢小屋に15時過ぎに到着。
予想外にほぼ満員御礼。小屋の中は、ありがたいことに暑くて…。

19・夕食・縮小

17時から夕食。あとはまったりと過ごして、19時過ぎには横になってました。

1・雲の多い夜明け・縮小

翌朝、東側からガスがかかって、山頂が見えない。風も強い。でも、行動不能って程じゃない。

4・登りにくい岩くずの急登・縮小

小屋を出るといきなりの急登。途中からは、とっても登りづらい岩くずの道。

3・輝く涸沢カール・縮小

途中、雲に切れ間からさす朝日に照らされた山肌が輝き、素敵!

南陵への登山道に別れを告げて、東陵の取り付き手前で装備をつけて、いよいよ東陵・ゴジラの背へ。

7・ゴジラの背・縮小

幸か不幸か、ガスで下が見えないので、高度感はほとんどなし。なので、恐怖感はありません。

8a・ゴジラの背3・縮小

とはいうものの、ギザギザの細い岩を渡って行くので、慎重に、慎重に。
難所の一番細くてちょっと下っている部分を越えると、ほぼ終了。
いったん東陵のコルへクライムダウンして、北穂高山頂目指して、またまた登ります。

8・北穂高岳山頂はもうすぐ・縮小

北穂高小屋でコーヒータイム。
槍ヶ岳が見えてるはずなんだけどね(笑)。
長めの休憩をした後、今夜の宿のある奥穂高岳を目指して出発。

ガスのせいで、岩がしっとり濡れているし、ザックもぐっしょり。風もかなり強くて、寒い。
視界がないから、自分がどこを歩いているかわからない(笑)。

10・最低のコル・縮小

最低のコルを過ぎると、涸沢槍。

12a・涸沢岳2

そして、日本で8番目に高い涸沢岳を下れば、目の前にヘリポートが見えて、穂高岳山荘が目に入ります。

12・穂高岳山荘の薪ストーブ・縮小

13時過ぎに到着。ビール飲んで、午後はまったり。
暖炉の火が入ると、やっと暖かくなります。夕食まで、のんびり。

13・夕食・縮小

17時に夕食。

寝るには早いので、暖炉前でまったりしていると、突然、外が騒がしい!
時間は18時40分。外は真っ暗で、風も強い。こんな時間に…?
時間を読み間違え、へとへとで到着する外国人パーティ。事故にならなくてよかったけど、ここは北アルプスの最高峰、日本で3番目に高い山の上。なめちゃ、自分の命だけでなく、多くの人を哀しみに突き落とす。
怖いなーって、思いつつ、布団へ。

長くなったので、続きはまた。





           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


鮭ハラスのキャベツもやし


気付けば10月中旬。
寒くなって当然か…。
嫌なことがいっぱい。


嫌なこと、いっぱい。思いが通じない。
ふー…、踏みとどまるか、踏み外すか、踏みつぶすか。
なんてこと考えて、睡眠不足。でも、朝はしっかり食べないとね(笑)!

DSCN0651.jpg

鮭ハラスがお勧め値段になっていたので購入。キャベツともやしと一緒に炒めた鮭ハラスのキャベツもやし
見た目以上のおいしさですよ。鮭ハラス、恐るべし(笑)。

DSCN0653.jpg

中抜き菜がけ冷奴
大根の中抜き菜をレンチンして、冷奴にトッピング。
一寸辛い大根葉は、美味しいんです。

DSCN0650.jpg

コールスローサラダ玄米キャベツとわかめの味噌汁で、朝食の完成でーす。





           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


トマトとキャベツのサラダ


季節の分け目の雨。
ちょっと寒くなりました。
涼しいより、寒い。


野菜不足解消メニュー。

DSCN0646.jpg

トマトとキャベツのサラダ

DSCN0647.jpg

小松菜と薄揚げの煮びたし

DSCN0648.jpg

塩ごま油冷奴
醤油で食べるより、グーンとおいしくなるので大好きです。

DSCN0645.jpg

ちょこちょこ盛りの朝食、納豆も添えて大満足でした。







           にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ

ランキングに参加中です!
ぜひ、ポチポチポチとクリックしてやってください。応援よろしくお願いいたします。


Appendix

プロフィール

ししずちゃん

Author:ししずちゃん

食べることは人生の基本です。でも、健康でかつスリムな体を維持したいのも当然。ちょこっとダイエット。あんまりガチガチに考えないで、ちょこっと、こっそり始めましょう。

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ